毛抜きを使っての自己処理は肌が傷むので注意!シェーバーか剃刀にしよう

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

ムダ毛を毛抜きで抜くのはとってもお肌にダメージが大きいことだというのは有名ですよね。

ですが、お肌にダメージが大きいと知りつつも毛抜きでの処理がやめられないという人も結構いるのではないでしょうか。

どうして毛抜きでのムダ毛処理がやめられないのか、それはやはり次の処理までの感覚が長いからですよね。

カミソリでムダ毛を剃ると、もう次の日にはムダ毛が伸びてきてジョリジョリと不快な感覚がありますよね。

ですが毛抜きでムダ毛を抜くと、あのジョリジョリした感覚がなく、個人差はありますが2週間~4週間はつるつるの状態がキープできます。

ですからお肌に悪いと思っていてもなかなかやめられないんですよね。

でも毛抜きを使ってムダ毛を処理しているとお肌が大変なことになってしまうんですよ。

まず、埋没毛や毛嚢炎を引き起こしてしまう可能性がかなり高くなってしまいます。

埋没毛のほとんどは放っておいてもお肌のターンオーバーを繰り返すうちに自然と抜け落ちます。

自然にといっても数ヶ月かかります。

しつこい埋没毛はピンセットなどでほじくるか皮膚科へ行ってとってもらうしかありません。

また毛嚢炎になってしまうと、痛みはないもののお肌にニキビのようなぶつぶつができるため、肌触りも見た目にも良くありません。

毛嚢炎もひどくなると痛みが強くなるので、皮膚科を受診しなければならなくなります。

埋没毛や毛嚢炎にならなくても、毛穴が隆起したり、毛穴が赤くなったり、色素沈着を起こしてしまう恐れがあるので、今すぐ毛抜きでのムダ毛処理はやめましょう。

ムダ毛を自己処理するなら断然電気シェーバーがおすすめです。

処理頻度が多いというデメリットはありますが、刃が直接お肌に触れないため、カミソリのように皮膚を削ってしまう心配もありませんし、お肌へのダメージが最も少ないムダ毛処理方法なんですよ。

電気量販店やネットで簡単に手に入りますし、お値段も2,000円くらいからあります。

1つ持っているととっても便利なアイテムです。

電気シェーバーでお肌をいたわりながらムダ毛を処理しましょう。